今や保険は、保険だけを比較する時代ではありません。

保険代理店を比較する時代です。

保険を保険ショップで加入するのは複数の保険ショップで相談を受けてみるのがおすすめです。

保険ショップを比較しないといけない理由とは?

保険ショップは数多くの多くの中から、保険を比較して一番いい保険に加入できるのが魅力です。

しかし、世の中には保険(の代理店手数料)を比較して、一番(手数料が)いい保険に加入できるさせるけしからん販売員や、
手数料の多い商品をすすめるように社員教育している販売員もいるのも事実です。

そこで、保険ショップで騙されないポイントをまとめました。

1.複数の代理店に相談する

今や、乗合代理店があたりまえになっています。

保険料の価格競争が激しくなっている一方、
保険会社から代理店手数料の価格競争も激しくなっています。

AとB同じ様な商品で、私達、選ぶ側のお客さんにとってはあまり変わらないように見えて、
販売する側には手数料に大きな違いがある場合があります。

そういう場合、大手代理店は会社の方針として、手数料の高い方をお客さんに勧めている場合もあります。

2.安くて良い保険はないとおもってちょうどいい。

基本的に、安い保険には安い理由があります。

それが困る理由であれば、その保険は選んではいけません。

3.保険は家族のために入るものと思うこと。

基本的に保険で騙されたと思う人、
損をしたと思う人は、得をしたいとか、自分のお金を増やしたいと思う人がおおいです。

保険は基本的に家族を経済的なリスクから守るものです。

たとえば、終身保険(死亡保障)。

終身保険は、保障が一生涯続きます。

人はいつかわ必ず死にますから、逆に言うといつかは必ずもらえんる保険です。

一般的な商品なら700万くらい払えば、1000万はいつかは必ずもらえます。(残された家族が)

外貨建ての為替リスクのある商品なら1000万はらって、3000万円もらえる商品もあります。(残された家族が)

払ったお金の3倍が(いつかは)必ずもらえる金融商品は保険だけです。

しかし、保険に入る人が、生きてるうちに解約しないことが前提なわけです。

ですから、家族にいくら残すかを、自分の得は2番め以降にすることが大切なのです。

4.解約返戻率の高い、外貨建てや、変額保険はリスクを本当に考えること。

外貨建ての保険は代理店手数料も高めなので、
積極的に販売している保険ショップも多いです。

しかし、為替リスクもあります。

個人の代理店も外貨建ての保険を売りますが、
お客さんを選んで慎重に販売します。

なぜかというと、保険ショップの販売員はお客さんに損害を与えた場合のリスクが少ないですが、
個人の代理店は、リスクが大きいからです。

十分に説明しても、ほとんどお客さんは解約するときには、
いいところだけ覚えていて、リスクは忘れがちです。

保険ショップの販売員は、最終的な責任は会社が取りますし、転勤するかもしれないですし、ひょっとしたら、来年、その仕事しているかも怪しい。

しかし、地域の代理店はその後もずっとそこで仕事するわけで、代理店手数料より、
自分がしっかり説明しても、忘れるお客さんがいると知っているので、手数料以上に販売に慎重なのです。

ですから、外貨建ての保険は最後は自己責任と考えて加入しましょう。

5.相談は基本無料なので、複数の保険ショップやFPに相談しましょう。

保険ショップは相談は無料です。

保険ショップで加入する場合は、基本的に複数の保険ショップで相談するのがいいでしょう。