編集:あかね編集:あかね

病気や怪我のことを告知してしまうと、生命保険に加入できませんか?
それなら、言わないほうがいい気がするのですが・・・

保険サムライ:ムサシ保険サムライ:ムサシ

告知義務違反は解除になる可能性があるでござる。
乗合代理店なら、いろんな保険会社で対応できる可能性があるでござる。

あまり一般の人には知られていませんが、
病気の告知しても、生命保険に加入できる場合はたくさんあります。

いわゆる病気の人でも入れる保険ではなくて、
通常の保険になんらかの条件を付けて保険に加入できるのです。

条件の付き方の基本的な考え方

怪我や病気が治るものか、治らないものか?

例えば、骨折はよほどの重症でないかぎり、
次第に治っていきます。

このように年月とともにリスクが減っていくリスクを逓減リスクといいます。

逓減リスクは「部位不担保や特定の病気は保険対象外」などの条件がつくことにより、保険加入できる場合があります。

一生付き合っていく病気の場合。

高血圧などは薬で症状を抑えながら一生付き合っていくものになります。

こういった病気はすぐに大きな病気につながるわけではないですが、
将来的に大きな病気につながる可能性があります。

そういった病気を逓増リスクといい、
逓増リスクの病気は、保険に入れなかったり、高い掛け金になります。

理由がはっきりしないものほど条件がついたり、保険に入れない。

理由がはっきりしないものほど、保険の加入条件は厳しいです。

逆に病名や飲んでいる薬がはっきりしているほど有利な条件で加入できます。

掛け捨ての商品ほど、割増保険料は高くなり、条件が厳しく、
貯蓄性の高い保険ほど条件はゆるいです。

基本的に定期保険、収入保障保険は、条件がつくとかなり割増保険料がつきます。

逆に終身保険は割増保険料はあまりつかず、むしろ解約返戻率が良くなる場合もあります。

高血圧気味の人は終身保険も同時に見積もりしてみて、比較するのも方法です。

引受が厳しい順は、告知書>面接士>健康診断>医師による健康診断

告知書はお手軽に加入できる分、引受基準が厳しいです。

少しでも、引っかかる箇所があると引き受けは厳し目になります

健康診断の結果などを添付すると、原因がはっきりするのでゆるくなります。

引き受けの基準は保険会社によって違う。

引き受けの基準は保険会社によって異なります。

ですから、A社がだめでも、B社はOKということはあります。

健康状態に不安がある人は乗合代理店に相談するほうがおすすめです。

まとめ

保険サムライ:ムサシ保険サムライ:ムサシ

健康状態に不安がある場合は、
ごまかさず、極力症状や、飲んでいる薬まで告知したほうが
通常と同じ条件で加入できる可能性があるでござる